• ホーム
  • 肝斑、そばかす、ニキビが改善できるレチノAクリーム

肝斑、そばかす、ニキビが改善できるレチノAクリーム

2019年08月29日
クリームを顔に塗る女性

レチノイン酸を配合しているのがレチノAクリームであり、もともとはニキビ治療薬としてアメリカの医療機関で処方をされていました。
トレチノインが主な有効成分であり、ビタミンA誘導体でもあります。
人間の体内を流れる血液にもわずかに含まれるため、利用をする際にもアレルギー反応はありません。
病院での処方の他、通販でも入手することができます。

濃度の高いレチノインクリームは、病院で処方される以外では、海外の医薬品を個人輸入することで通販購入ができます。 個人輸入は医薬品専門の代行サイトを経由することによって通販が可能です。 一般の通販サイトと同じような手続きで購入ができるので非常に便利です。

引用元:【通販可能】レチノイン酸クリーム|レチノール酸でシミよさらば!

皮膚のターンオーバーを正常化させる働きもあるため、シワやシミにニキビ跡改善にも今では使われています。
特にニキビ跡は深くなるほど、肌代謝が活発でなくては改善は難しいです。
レチノAクリームは毛穴詰まりをリセットするピーリング効果にも長けており、ターンオーバーを正常化するためにも役立ちます。
肌代謝をよくすることで、手ごわいニキビ跡の改善にも効き目を発揮します。

皮膚の改善のためには、長期間の肌への使用をすることで効果を発揮するので、3ヵ月くらいは継続することです。
さらに6ヵ月までの長期的な使用をすることで、弾力やはりにも必須のコラーゲンが増えるため肌のコンディションをよくすることになります。
効き目が出てくるまでにある程度の時間は必要になりますが、継続的な正しい使用が成功の鍵です。

穏やかなピーリング作用があることから、古く頑固な角質を柔軟に剥がすことになりますし、色素沈着や毛穴詰まりも解消に導きます。
皮膚の新陳代謝を順調にして毛穴汚れも除去するため、過剰な皮脂の分泌を改善するためにも大活躍です。
正常な皮脂の分泌量になれば、毛穴を無駄に詰まらせることにもなりません。

元来皮膚にとっては天然のクリームとして、適量は必要なのも皮脂ですから、ほどほどの分泌は肌をしなやかに健やかな状態で維持しますし、ニキビ予防にもなります。
使い方は気になる部分に塗布をするだけですが、肌は洗って清潔にすることです。
刺激の少ない石鹸などで洗浄をして、水分をオフしたらクリームを塗ります。

クリームが完全に乾いたら、今度は肌の保湿ケアが必要なので、保湿クリームなどを塗布することです。
注意をしたい使い方として、紫外線の影響を受けやすい成分であるため、レチノAクリームを塗布したら、太陽に紫外線からも肌を守る対策が必要になります。

基本的には夜の就寝前に、清潔な肌にして塗りますが、日中や朝の利用であれば、外出時にはUV対策をすることが欠かせません。
外出をするのであれば帽子をかぶったり、日傘をさすようにしたり、肌の露出する部分には日焼け止めクリームをしっかりと塗ることです。