• ホーム
  • 入浴の仕方次第で美肌になれる!美容効果抜群の入浴法とは?

入浴の仕方次第で美肌になれる!美容効果抜群の入浴法とは?

2019年10月27日

入浴の仕方次第で美肌になれるのですから、美容効果抜群の入浴法を実践しない手はありません。掃除も活用できますし食品としても安全な重曹は、お風呂に入れることで美肌効果をもたらします。弱アルカリ性の炭酸水素ナトリウムは、市販の入浴剤にも使用されるほど安心できる成分です。

いつものお風呂に重曹を入れるだけで、硬くなりやすい頑固な皮脂汚れも柔軟にして落としてくれますし、全身の血液を促進することになります。皮脂汚れをスムーズに落とすスクラブのような作用があるので、ひじなど洗ってもツルツルにならない部分尾毛穴汚れまでスッキリです。

毛穴に余計な皮脂や汚れが残らないことで、ニキビ予防にもなります。市販の入浴剤を利用するのも良い方法であり、保湿成分配合の種類を入れて入浴をするのも良い方法です。バスタイムはシャワーだけで済ませる忙しい女子は多いですが、美肌のためにも浴槽に浸かるようにします。

毎日のバスタイムで適度な発汗の習慣をつけることで、毛穴が開いて老廃物も排出しやすくなりますし、芯から温まるので血流も良い状態です。健やかな肌に冷えは禁物ですし、巡りの良い身体は栄養も酸素も行き渡り、イキイキした肌を維持することができます。

発汗を考慮して飲み物を用意するのも良い方法であり、常温のミネラルウォーターなども一緒に持ち込んでの入浴です。たくさんの汗をかくので入浴前に常温の水を飲んでおき、お風呂場でもこまめに水分補給をして、お風呂上りにもミネラルウォーターなどの飲み物を口にします。

ぬるめのお湯に時間は10分から20分くらいは浸かるようにしますが、長湯や熱すぎるお湯は控えることです。あまり長い時間をかけてお風呂に浸かると、水分蒸発が激しくなりますし、熱すぎるお湯も皮膚の潤いを無くしてしまいます。

肌の潤いを守るためにも、保湿効果のある入浴剤を使うのもひとつです。ゆったりと湯船につかりながら、歯磨きをすると、無意識のうちに時間をかけて丁寧にケアすることが出来ます。身体が芯からポカポカと温まるので、若返りホルモンも順調に分泌をされるので、アンチエイジング効果や美肌効果も得られる方法です。

丁寧な歯磨きをお風呂ですることで、唾液の分泌量も多くなり、殺菌消毒作用があるので、口腔内の疾患を予防することにもなります。毎日の入浴は心身をいやすのと共に、血行を促進したり毛穴汚れを取り去り美肌効果にもなる素敵な時間です。