• ホーム
  • ニキビ治療薬ってどんな種類があるの?

ニキビ治療薬ってどんな種類があるの?

2019年10月07日

ニキビ治療薬にはいくつもの種類があり、病院で相談をして処方されるものと、市販薬を購入することもできます。肌の状態に適した医薬品をプロの知識と判断で使うなら、病院で処方してもらうにニキビ治療薬がおすすめです。手軽にドラッグストアや薬局で、自分で選ぶなら市販薬を選ぶことができます。

有害な細菌の増殖をさせないようにする抗菌作用や、炎症を抑える抗炎症作用の医薬品も効果的です。医薬品の服用をすることで簡単にケアできる種類は、低用量ピルを水と一緒に飲む方法であり、避妊薬ではあるものの吹き出物対策にもなります。慢性的な皮脂腺の炎症を起こすことでニキビは生じますが、通常であれば皮脂は適切な量の分泌で肌を保護する役目です。

角栓の過剰な増殖などが起きると、排出が間に合わなくなって酸化してしまうので、それをエサにアクネ菌が一気に増えます。ポルフィリンが排出されて紫外線を受けると活性酸素まで発生をして、シミを伴うニキビにまで発展するため、内側からのケアも必要です。

避妊薬でありニキビ治療薬にもなる低用量ピルは、ホルモン療法でもありますが身体に無理な負担をかけることにはなりません。ピルの主成分は女性ホルモンであることから、男性ホルモンの過剰な働きを抑制して、根本からのニキビ改善になります。

皮膚科なの病院の場合は、症状に合わせて必要な抗炎症作用、抗菌作用のあるお薬も、必要に応じて処方してもらうことが可能です。ピルに関してはドラッグストアなどで陳列されているものではなく、病院を受診するか個人輸入代行サイトなど通販で取り寄せるなどの方法になります。

市販薬を利用するならおすすめは、肌に大きな負担のかからない美白クリームなどです。炎症を起こして色素沈着をしたり、ニキビ跡になってしまうと、通常の洗顔などでは落とせません。美白効果のあるクリームをスキンケアに取り入れることで、時間をかけてゆっくりと色素沈着を薄くしていきます。化粧品のカテゴリーになるので、即効性はありません。

ですが毎回医療機関に行く必要がなく、気軽に買うことができて、基礎化粧品として使えるますし、お手入れも楽です。ピーリング効果のあるコスメを使うのも良い方法であり、定期的なピーリングで皮膚の古い角質を除去すると、ターンオーバーは正常化されます。市販コスメはピーリング効果としてはマイルドですが、ニキビ予防にもなりますし、肌を健やかに維持するためにも大活躍です。