• ホーム
  • インナードライ肌改善メソッド

インナードライ肌改善メソッド

2019年11月21日

皮膚の水分量が低下をし過ぎて起こるのがインナードライ肌であり、水分蒸発に歯止めをかけるため、皮脂を肌が過度に分泌をする状態になるので、乾燥性脂性肌でもあります。肌の中は乾燥をしていて、皮脂分泌が多くなるので、皮膚表面に油が浮いているような状態です。脂性肌と混合肌にとても似ているものの、正しいスキンケアが重要であり、徹底した保湿も必要になります。

メイクが崩れやすいのもインナードライ肌であり、ファンデーションはリキッドよりも、パウダータイプを選ぶことです。改善に必要不可けるナノが保湿であり、皮膚内部の保湿力を向上させることが改善につながります。パウダーファンデーションを選ぶ理由は油分が少ないこと、添加物も少ないこと、また紫外線散乱剤が紫外線をカットするなどの理由があるためです。

クレンジングは出来るだけ肌に優しい、低刺激な成分を選ぶようにします。強力な洗浄力で油分を落とすのはオイルであり、その分だけ皮膚刺激が強いです。化粧落としシートは摩擦により皮膚に刺激を与えやすく、優しいケアとは言えません。

皮膚のバリア機能が低下して弱い肌状態になっているため、摩擦が少ないクッション性がある種類を選ぶことです。低刺激で優しいクレンジングとしては、乳液タイプやクリームにジェルなどが向いています。

水分量が極端に少ない肌状態なので、化粧下地に関しても乾燥を促すタイプはNGです。皮膚の乾燥も油分によるテカリも気になる状態ですから、化粧下地は保湿成分が配合をしている種類を選びます。

何よりもインナードライ肌を改善するために、必須となるスキンケアは保湿です。化粧水や乳液を選ぶ際にも、保水力が高い成分配合を選びます。一般的に保湿効果が高いとされる美容成分は、セラミドにヒアルロン酸やコラーゲンなどがありますから、こうした成分配合を選ぶことです。

角質層に十分な水分をとどめておく保水力が、インナードライ肌は低下をしています。肌の保水成分を向上させる保水成分を、基礎化粧品で毎日補うことが肝心です。

インナードライ肌を改善をするために、朝の洗顔はぬるま湯で軽く済ませる程度で構いません。潤いを与える第一ステップになる、化粧水は肌に複数回塗布をして馴染ませます。乾燥と皮脂の悩みを解消させる、バランスの良い美容成分配合の美容液を取り入れるのもひとつです。油分が仕込む必要ないというのは誤りであり、インナードライでも必ず油分を含む化粧品は必須なので、乳液も使うようにします。