はじめてのまつげ育毛剤

2019年08月02日
顔クリームを持っている女性

華やかな印象の目元にするなら、ビマトプロストを主成分とするまつげ育毛剤があります。
元は目の病気治療のために使われてきたので眼圧を下げる作用があり、眼科では緑内障や高眼圧症の治療に使われてきましたは、その良い意味での副作用でまつ毛の育毛に役立つことがわかりました。
悪い意味での副作用ではなく、ビマトプロストを使い続けていた患者のまつ毛が育ち、増えたことで注目をされ今に至ります。

緑内障や高眼圧症治療にだけではなく、まつ毛の根元にビマトプロストの成分を塗布することで、まつ毛の育毛と増毛につながるということです。
現在ではまつ毛用育毛剤として商品化されていますし、医療機関での処方や個人輸入代行の通販での入手ができます。
美容皮膚科や美容外科クリニックなどでも購入は出来ますが、インターネット通販での取り寄せは割引で、安く購入できることもあるためお財布に優しいです。

ドラッグストアなどでの市販ではなく、購入は通販か医療機関経由になります。
普通のまつ毛美容液とは異なり、ビマトプロストは医薬品で国内の薬局に陳列されている商品ではありません。
市販のまつ毛美容液は化粧品になりますが、ビマトプロスト配合の育毛剤は医薬品であり、確実に着実な効果をもたらします。

まつげ育毛剤の使い方は1日に1回だけ、洗顔をした清潔な目元に液体を塗布するだけです。
就寝前の清潔にした目元に使うものであり、アイメイクなどを付けたままでは使いません。
塗るのは毛の長い部分ではなく、まつげの根元に塗布することで成分を活かすことができます。
片方ずつ丁寧に塗っていきますが、その際にまつ毛ブラシや綿棒を利用して、必ず使い回しではなく使い捨てにすることです。

薬品を使うことや目元の衛生面、トラブルを招かないためにも、毎回新しい専用アプリケーターや綿棒を使うようにします。
簡単扱い方ですが、1回にたくさんの液体を塗布しても、それだけ効果が速攻で出ることはありません。
ブラシや綿棒を水平に手で持ち、ブラシなどの先端にほんの1滴だけ液体を垂らします。
片目ごとケアをして行くのでまつ毛の根元のところに、アイラインを引くようにスッと塗布をするだけです。

使い方によっては液体がまぶたの毛の根元からはみ出ることがありますが、放置をしないですぐに拭き取ります。
液体の成分により、かゆみや色素沈着など、副作用を起こすことがあるためです。
かゆみは一時的なものであり、すぐに成分を落とすこと、色素沈着が出るようなら、しばらくお休みをするなど、副作用に対しての対処も必要になります。